お問い合わせ

借りる

  • 賃貸物件
  • オフィス物件

購入する

  • 売買・投資物件

管理する

  • フィリピン不動産管理・内装工事サービス

賃貸情報ブログ

海外不動産投資のすすめ

なぜフィリピンなのか

1 不動産価格の推移

フィリピンは、1980年代のマルコス政権下での政情不安などから
ビジネス・投資に不向きというネガティブなイメージが付き外国企業の参入が遅れた為、
タイ・マレーシアなどに比べ後発での成長となりました。


その後のアキノ政権からは独裁と腐敗はなくなりましたが
経済の発展、外資の流入には結びつかず、
1992年のラモス政権発足以降、ようやく外資の誘致が進められるようになりました。

 

2000年代からは特にサービス業・観光業などが、
PEZAを始めとする手厚い投資・企業進出優遇措置により大きく発展
公用語が英語の為技術導入・移転等が容易であり、
且つ英語が使える安い労働力が豊富なことから外国企業の流入が相次ぎ、
BPO(外資企業によるビジネス・プロセス・アウトソーシング)の売り上げは毎年20%以上増加しております。

特にコールセンターは、2011年に外資企業の売り上げ規模でインドを抜き世界一となりました。
(日本全体のコールセンター市場6000億円、それに迫る5000億円以上の売上)

 

NEXT11にも選ばれたフィリピンが、今、海外投資家より熱い注目を集め始めています
既に不動産価格が高騰しつつある他のアジア諸国に比べ、
まだ投資マネーが流入し始めたばかりの今が買い時です。

1屬△燭蠅糧稜箍然